香りテストについて



【アロマテラピー検定2級に出題される精油】

イランイラン オレンジ・スイート ジェニパー ゼラニウム ティートリー ペパーミント ユーカリ ラベンダー レモン ローズマリーの10種類

【アロマテラピー検定1級に出題される精油】

カモミール・ローマン クラリセージ グレープフルーツ フランキンセンス ベルガモット スイートマージョラム レモングラス ※2級にプラス7種類

【香りを覚えるには】

名前から香りがわかるものが半分くらいありますが、普段あまりなじみのない精油に関しては実際に何度も香りを嗅いで覚えていくしかありません。私も似たような香りには悩まされました。

その際に注意することは、あまりむきになって覚えようとしないことです。一度に全種類の精油を覚えようとせずに、精油の特徴を頭に入れながら何種類かづつ嗅いでいくとだんだんわかってきます。

また、一度にいろいろな種類の香りを同時に嗅いでしまうとわけがわからなくなってしまうので、今日はフラワー系、明日はウッディー系といったように、香りを同じ系統で分けてからそれぞれの香りのちがいを頭に入れていくと覚えやすいです。

いろいろな香りを嗅いでいくうちに、自分がどんな種類のエッセンシャルオイルが好きなのかもわかるので、楽しみながら覚えていってください。

【おすすめのアロマテラピー検定セット】

* アロマテラピー検定セットの一覧を見る

* アロマテラピー検定問題集の一覧を見る

Menu
HOME
独学で学ぶ
アロマテラピー検定テキスト
香りテストについて
合格するためのポイント
合格後のキャリアアップ
その他のアロマ資格
学校で学ぶ
アロマテラピースクール
スクール選びのコツ
アロマの仕事に就くには
アロマテラピー通信講座
教育訓練給付制度
癒しに関する用語集
アロマテラピーについて
アロマテラピーの歴史
アロマテラピーの効果
精油のえらびかた
香りの選び方と楽しみ方
癒し・健康・心理のお仕事
リフレクソロジスト
整体師
オーラソーマ・カラーセラピスト
カイロプラクター
メディカルハーブコーディネーター
調香師(ちょうこうし)
セラピスト
ボディセラピスト
アートセラピスト
フラワー療法士
メイクセラピスト
ヨガインストラクター
スポーツトレーナー
心理カウンセラー
世界の癒しワザ
アーユルヴェーダ
ストーンセラピー
スウェディッシュマッサージ
タイ古式マッサージ
クリームバス
リンパドレナージュ
ヒロット
バリニーズマッサージ
癒しサロン情報
リラクゼーションサロン
当サイトについて
管理人について
リンク集
アロマテラピー関連サイト
美容関連のサイト