アロマテラピーの歴史



【アロマテラピーとは】

アロマテラピーとは「芳香治療」のことで、植物の持つ芳香成分を利用した健康法です。症状や気分に合わせたエッセンシャルオイル(精油)を用いて、身体全体をやさしくなでるようにマッサージすることで皮膚から植物の持つ天然の有効成分が浸透します。また、心地よい香りによって深いリラクゼーションも得られます。

【アロマテラピーの歴史】

アロマテラピーは、1920年にフランスの科学者ガットフォゼによって作られた言葉です。実験でひどい火傷をしたときにとっさにラベンダーの精油をかけたところ、驚くほど早くきれいに治ったことから研究が始まりました。ですので、フランスのアロマテラピーは主に精油を薬として用いる方法が主となって現在にいたっています。

イギリスでのアロマテラピーの考え方は、精油を美容と健康のために使い、マッサージをすることによって心と身体のバランスを整えるというものでホリスティック・アロマテラピーと呼ばれています。

【アロマテラピートリートメントはどんなときにおすすめ?】

香りによって気分がほぐれて深いリラクゼーションが得られるので、緊張をといてリラックスしたいときやストレスが溜まっているときに受けるのがおすすめです。

私も疲れがたまっているなと感じたときは、アロマトリートメントを受けます。いろいろなサロンを試してみて気にいったサロンを見つけましょう。

Menu
HOME
独学で学ぶ
アロマテラピー検定テキスト
香りテストについて
合格するためのポイント
合格後のキャリアアップ
その他のアロマ資格
学校で学ぶ
アロマテラピースクール
スクール選びのコツ
アロマの仕事に就くには
アロマテラピー通信講座
教育訓練給付制度
癒しに関する用語集
アロマテラピーについて
アロマテラピーの歴史
アロマテラピーの効果
精油のえらびかた
香りの選び方と楽しみ方
癒し・健康・心理のお仕事
リフレクソロジスト
整体師
オーラソーマ・カラーセラピスト
カイロプラクター
メディカルハーブコーディネーター
調香師(ちょうこうし)
セラピスト
ボディセラピスト
アートセラピスト
フラワー療法士
メイクセラピスト
ヨガインストラクター
スポーツトレーナー
心理カウンセラー
世界の癒しワザ
アーユルヴェーダ
ストーンセラピー
スウェディッシュマッサージ
タイ古式マッサージ
クリームバス
リンパドレナージュ
ヒロット
バリニーズマッサージ
癒しサロン情報
リラクゼーションサロン
当サイトについて
管理人について
リンク集
アロマテラピー関連サイト
美容関連のサイト