精油のえらびかた



たくさんある精油(エッセンシャルオイル)のなかから、どうやって自分に合った精油をえらんだらいいのでしょうか?

まず、100円ショップで売っているような安すぎる精油は合成で、天然の香料を用いていません。精油には、リラックスさせてくれるなどのさまざまな効果がありますが、100%天然の香料のみを使ったものではないと、その効果は期待できません。

一般的には、ラベンダー10mlで、1,000円後半くらいで手に入ります。ちなみに、ローズやジャスミンのような高価な精油は、1mlで5,000円くらい平気でします。

また、ブランドによって同じ種類の精油でも、ワインのように土地や畑、天候などによって香りが微妙にちがってくるそうです。初めての香りを買うときは小さいビンで試していって、自分が本当に好きな香りを見つけていきましょう。

【精油の取り扱いについて】

精油は、直接触ったり飲んだりするのは禁止です。使うときはキャリア・オイルと呼ばれる油で薄めましょう。私はラベンダーやティートリーは、綿棒につけて直接使ってしまうこともありますが、デリケートな顔や首には必ずキャリア・オイルと混ぜて使います。

【精油の保存方法について】

開封したら1年以内に使い切りましょう。レモンなどの酸化しやすい柑橘系は半年以内に使い切ったほうがいいそうです。精油の取り扱いは化粧品などと一緒で、直射日光が当たらない風通しのいい場所に置いてください。

私はまとめて木箱に入れて、ドレッサーに置いてあります。湿気を嫌うのでお風呂場などに置きっぱなしにしないで、酸化しないように使ったらきちんとフタをしめましょう。

【どこで買うか】

いろいろなメーカーの精油が売られていますが、私はインターネットで買っています。次のページに詳しく載せていますので、よかったら参考にしてください。

Menu
HOME
独学で学ぶ
アロマテラピー検定テキスト
香りテストについて
合格するためのポイント
合格後のキャリアアップ
その他のアロマ資格
学校で学ぶ
アロマテラピースクール
スクール選びのコツ
アロマの仕事に就くには
アロマテラピー通信講座
教育訓練給付制度
癒しに関する用語集
アロマテラピーについて
アロマテラピーの歴史
アロマテラピーの効果
精油のえらびかた
香りの選び方と楽しみ方
癒し・健康・心理のお仕事
リフレクソロジスト
整体師
オーラソーマ・カラーセラピスト
カイロプラクター
メディカルハーブコーディネーター
調香師(ちょうこうし)
セラピスト
ボディセラピスト
アートセラピスト
フラワー療法士
メイクセラピスト
ヨガインストラクター
スポーツトレーナー
心理カウンセラー
世界の癒しワザ
アーユルヴェーダ
ストーンセラピー
スウェディッシュマッサージ
タイ古式マッサージ
クリームバス
リンパドレナージュ
ヒロット
バリニーズマッサージ
癒しサロン情報
リラクゼーションサロン
当サイトについて
管理人について
リンク集
アロマテラピー関連サイト
美容関連のサイト