調香師(ちょうこうし)



調香師(ちょうこうし)は、いろいろな製品に使われる香料を創り出す香りのスペシャリストです。製品のコンセプトにあわせて、最適な香りを選び出してブレンドし、新しい香りをつくります。

食品に使われる香りをつくるフレーバーリストと、香水や化粧品、シャンプーや入浴剤などの香りをつくるパフューマーに分けられます。

調香師になるには、専門のスクールで調香に関する知識と技術を学び、香料会社や化粧品会社に就職します。

香りに対して興味があり、嗅覚が鋭い人、流行に敏感な人が向いています。

Menu
HOME
独学で学ぶ
アロマテラピー検定テキスト
香りテストについて
合格するためのポイント
合格後のキャリアアップ
その他のアロマ資格
学校で学ぶ
アロマテラピースクール
スクール選びのコツ
アロマの仕事に就くには
アロマテラピー通信講座
教育訓練給付制度
癒しに関する用語集
アロマテラピーについて
アロマテラピーの歴史
アロマテラピーの効果
精油のえらびかた
香りの選び方と楽しみ方
癒し・健康・心理のお仕事
リフレクソロジスト
整体師
オーラソーマ・カラーセラピスト
カイロプラクター
メディカルハーブコーディネーター
調香師(ちょうこうし)
セラピスト
ボディセラピスト
アートセラピスト
フラワー療法士
メイクセラピスト
ヨガインストラクター
スポーツトレーナー
心理カウンセラー
世界の癒しワザ
アーユルヴェーダ
ストーンセラピー
スウェディッシュマッサージ
タイ古式マッサージ
クリームバス
リンパドレナージュ
ヒロット
バリニーズマッサージ
癒しサロン情報
リラクゼーションサロン
当サイトについて
管理人について
リンク集
アロマテラピー関連サイト
美容関連のサイト